手がむくむ 生理

MENU

生理のタイミングで手がむくむ

生理のタイミングで手がむくむ原因は

 

ホルモンの影響によるもの

 

その影響で冷えやすくなります。それにより手がむくむなどむくみを起こしやすくなります。

 

生理の前の場合は手がむくむ原因は黄体ホルモンの影響でもあります。この時期の体は妊娠に向けて備えています。そのため、体がエネルギーを溜める方向に働いているため、水分についても溜め込む傾向になります。水分の代謝や基礎代謝が悪くなるのは妊娠に備えてのことですから、生理が終わることで手がむくむなどの症状は解消されています。

 

生理のむくみ対策

体のしくみとして仕方の無いことですが、手がむくむなどの症状を改善したいのであれば対策を取り入れるとよいです。基本的にはこの時期には無理をしないことが大切です。

 

ストレスを溜めないように

 

リラックスを心掛けましょう。

 

食事については薄味

 

を心掛けるとよいです。利尿作用のある食べ物を積極的に取り入れましょう。カリウムやミネラルなどをしっかり摂ってむくみ解消に役立てると良いです。(バランス良い食事が難しい方にはサプリなどがオススメ)

 

夜は水分の摂り過ぎに注意

 

また水分補給は大切ですが、夜は水分を摂り過ぎないように心掛けましょう。

 

冷え対策をしっかり

 

湯船にゆっくり浸かってリンパや血液の流れをよくすることも効果的です。体が冷えやすい時期ですから、体を冷やさないように注意することも大切です。むくみには冷えは大敵です。冷房対策をキチンとしたり、冷たい食べ物や体を冷やす食べ物を避けるなど対策をするとよいです。

 

ストレッチ・マッサージ

 

心臓より上に手を上げて万歳をするときの体勢を取ります。そのうえで手を握ったり開いたりします。手首を回したり、手を左右にブラブラ振ったりするのも効果的です。親指の付け根と人差し指の付け根の延長線上で交わるあたりにあるくぼみ、合谷(ごうこく)のツボ押しなども効果があります。

 

生理の前や最中はあまり無理をしないようにし、むくみ対策なども取り入れた規則正しい生活で手がむくむのを防ぐとよいです。

 

 

>>>手のむくみをとる方法 TOP